[本文へジャンプ]

コンプライアンス(法令等の遵守)

1. コンプライアンス態勢の整備

積極的にコンプライアンスを推進するため、役員及び関係部室長からなるコンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンスに関する重要な事項について審議することとしています。
また、各部署におけるコンプライアンス活動を推進するため、全部署にコンプライアンス活動推進担当を配置しています。

2. コンプライアンス意識の醸成

住宅金融支援機構におけるコンプライアンスの基本理念として、コンプライアンス憲章を定めています。
また、遵守すべき法令、ルール、社会的要請を整理したコンプライアンスマニュアルを作成し、全役職員に配付するとともに、コンプライアンスに関する年度ごとの実践計画としてコンプライアンスプログラムを定め、全役職員を対象とした教育・研修を定期的に実施するなど、コンプライアンスの啓発と定着に努めています。

コンプライアンス憲章

1 法令、社会規範等を遵守し、適切な業務執行に努めることにより、国民の信頼を確保します。
(1) 法令、社会規範等の遵守

独立行政法人としての基本的使命と社会的責任を常に認識するとともに、あらゆる法令、社会規範等を遵守し、誠実かつ公正な業務執行に努めます。  

(2) 積極的かつ公正な情報公開

積極的かつ公正に情報を公開することにより、国民に対する事業の透明性を確保するとともに、健全かつ透明な業務執行を推進するため、常に業務の効率化・経営資源の有効活用に取り組みます。

(3) 厳正な情報管理

業務上知り得たお客様に関する情報の取扱いについては、細心の注意を払い、外部に漏洩しないよう厳正に管理します。  

(4) 反社会的勢力との対決  

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、警察等とも連携して、断固とした姿勢で臨みます。

2 お客様の「安心」と「満足」を徹底的に追求します。
(1) 総合的な住宅金融サービスの提供

社会の変革に対応し、多様化・高度化する顧客ニーズを反映した安心いただける商品・サービスを的確に提供します。

(2) 適切かつ十分な説明

お客様との取引に際しては、商品やサービスの正確かつ適切な情報を提供するとともに、法令等に従い、適切かつ十分な説明を行います。

(3) お客様の声への真摯な対応

お客様に誠実・親切に対応し、その意見・要望・苦情等あらゆる声を謙虚に受け止め、これを業務に反映します。

3 役職員一人ひとりの人格を尊重し、働きやすい職場環境の確保に努めます。
(1) 人格・個性の尊重

信条、性別、年齢、身体障害等に関係なく、すべての役職員一人ひとりの人格及び個性を尊重します。

(2) 働きやすい職場環境

働きやすい職場環境の確保に努め、自由闊達な組織風土の醸成を目指します。

反社会的勢力に対する基本方針

  1. 反社会的勢力とは一切関係を持たないことを明らかにし、理事長等の経営陣をはじめ役職員が一丸となって、断固たる姿勢で対応します。
  2. 反社会的勢力を排除するための体制を定め、対応マニュアルを役職員に周知徹底します。
  3. 反社会的勢力による不当要求に対応する役職員の安全を確保します。
  4. 反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
  5. 反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。
  6. 反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠ぺいするための裏取引を行いません。
  7. 反社会的勢力への資金提供は行いません。