ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

住宅金融支援機構について

印刷用ページ

機構ホーム > 住宅金融支援機構について > 調査研究 > 研究員 > 小林 正宏(こばやし まさひろ)

ページ本文

小林 正宏(こばやし まさひろ)

小林 正宏

調査部長(併任)
経営企画部 国際対応担当部長

早稲田大学大学院ファイナンス研究科非常勤講師
公益社団法人日本不動産学会正会員
Advisory Board Member, Asia Pacific Union for Housing Finance

中央大学経済研究所客員研究員(2011年4月~2016年3月)

略歴

1988年 東京大学法学部卒業、住宅金融公庫入庫
1996年 海外経済協力基金に出向、マニラ事務所駐在員
1999年 国際協力銀行に出向、フィリピン・大洋州担当副参事役
2002年 米国ファニーメイ特別研修派遣
2007年 住宅金融支援機構住宅総合調査室主任研究員(海外市場担当)
2011年 同 住宅総合調査室主席研究員(海外市場担当)
2014年 同 調査部 海外調査担当部長(併任)経営企画部 国際対応担当部長
2016年 4月より現職

研究分野

サブプライム問題・GSE問題
欧州のカバードボンド市場
その他海外の住宅金融市場・国際金融市場全般

研究実績

新着情報

著作

『不動産マーケットの明日を読む 2020年に向けての不動産・住宅投資戦略の論点』(日経BP社、2015年5月、共著)
『日米欧の住宅市場と住宅金融』(金融財政事情研究会、2013年4月、共著)
『世界複合不況は終わらない』(東洋経済新報社、2009年9月)
『世界金融危機はなぜ起こったのか』(東洋経済新報社、2008年10月、共著)
『世界同時不況 夜は明けたのか』(住宅金融普及協会、2009年9月)
『サブプライム問題とアメリカの住宅金融市場』(住宅新報社、2008年11月、共著)
『サブプライム問題の正しい考え方』(中央公論新社、2008年4月、共著)

著述(国内)

住宅金融支援機構『Housing Finance Markets in Southeast Asian Countries』(2014年12月、共著)
中央大学『経済研究所年報』第45号「FRBのQE3とTapering、及び日銀のQQE」(2014年9月)
日本評論社『経済セミナー』650号「サブプライム問題とは何だったのか」(2009年9月)
流動化・証券化協議会『SFJ 金融・資本市場研究』「欧州カバードボンド市場の我が国証券化市場に与えるインプリケーション」(2010年5月)
その他、『週刊エコノミスト』『週刊東洋経済』等の経済誌への寄稿多数。

※海外レポート第1号「オバマ大統領の米住宅金融市場改革案と上下院法案の行方」は『季報「住宅金融」2013年度秋号』に、海外レポート第4号「米国政府抵当金庫(ジニーメイ)の最近の動向」は『季報「住宅金融」2013年度冬号』に、海外レポート第6号「アメリカの住宅市場と金融政策の動向」と同第7号「FOMC議事要旨(2014年6月分)を読み解く」は『季報「住宅金融」2014年度夏号』の「アメリカの住宅市場と金融政策の動向」に収録しました。

著述(海外誌への寄稿等)

季報「住宅金融」への寄稿

アメリカの住宅ローン差押停止問題について(季報「住宅金融」2010年度冬号)
ファニーメイはなぜ破綻したのか(季報「住宅金融」2010年度春号)
マイクロファイナンスを含むアジアにおける住宅金融の動向(季報「住宅金融」2010年度夏号)
ファニーメイ 上場廃止へ(季報「住宅金融」2010年度夏号)
カバードボンドとMBS(季報「住宅金融」2010年度秋号)
アメリカの住宅金融市場動向(季報「住宅金融」2009年度冬号)
デンマークの住宅金融市場について(季報「住宅金融」2009年度秋号)
欧州カバードボンド市場の最新動向(季報「住宅金融」2008年度冬号)
ノンリコースローンとサブプライム問題(季報「住宅金融」2008年度春号)
サブプライム問題とファニーメイ国有化、リーマンショック(季報「住宅金融」2008年度秋号)
サブプライム問題の波及と今後の見通し(季報「住宅金融」2007年度臨時増刊号)
サブプライム問題と情報開示(季報「住宅金融」2007年度夏号)
GSE改革法案の動向について(季報「住宅金融」2007年度夏号)

学会関連

学会誌への寄稿

同『日本不動産学会誌No.100』「グローバル金融市場に組み込まれた本邦不動産市場」(2012年6月)
同『日本不動産学会誌No.101』「米国の不動産流通市場と金融面での連携」(2012年9月)
都市住宅学会『都市住宅学第65号』「米国住宅金融問題の整理-日本の住宅金融との比較を踏まえ」(2009年4月)
証券経済学会『証券経済学会年報第45号』「証券化と世界金融危機」(2010年7月)

学会発表

公益社団法人日本不動産学会セミナー「米国の住宅市場とGSE改革の動向」(2013年10月3日、住宅金融支援機構すまい・るホール)
同春季全国大会シンポジウム「サブプライム・ローン問題と日本」パネルディスカッション(2008年5月)
同秋季全国大会実務報告会(2010年、東京大学)
同秋季全国大会実務報告会(2011年、京都大学)
同秋季全国大会実務報告会(2012年、福岡大学)
同秋季全国大会一般論文発表(2013年、宮城大学)
証券経済学会春季大会ワークショップ「証券化ビジネス」(平成21年6月)「世界金融危機と証券化の問題点」
日本建築学会全国大会(東北)(平成21年8月)「サブプライム問題と住宅金融市場」

講演等

海外

国内

世界銀行東京事務所・世界銀行東京防災ハブ共催 第8回防災セミナー「災害に強い都市づくり:建築規制を活用した防災」 (2016年3月)
国土交通省「第3回日・インドネシア建設次官級会合」(2016年2月)
明海大学 不動産学シンポジウム「2020年東京の都市ストックと不動産市場」基調講演(2015年11月)
ADB-ADBI Inception Workshop and Policy Dialogue: Housing Policies for Emerging Asia(2015年5月)
ADB-ADBI Brainstorming Workshop: Housing Policies for Emerging Asia(2014年12月)
RICS Asia Valuation Conference 2013(2013年RICSアジア資産評価会議:基調講演)
財務省財務総合政策研究所「ワークショップ『世界金融危機』:世界金融危機とGSEの経営危機問題」(2010年1月)
経済産業省「カバードボンド検討会」(2009年度)
金融庁「金融市場戦略チーム第3回」(2007年度)

その他、東京大学公共政策大学院、中央大学経済研究所、明治大学ポスト・ケインズ派経済学研究会等での講演・報告多数。

研究員に戻る

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。