ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

個人のお客さま

印刷用ページ

機構ホーム > 個人のお客さま > お借入れをお考えのお客さま > リフォーム工事 応援コーナー

ページ本文

リフォーム工事 応援コーナー

2011年10月18日現在

リフォーム工事を的確に実施するためには、新築とことなり、現在お住まいになっている住宅の仕様や工法をしっかり把握するとともに、さまざまな情報を入手しておくことが必要です。

本コーナーでは、リフォームに役立つさまざまな情報を提供しています。

  • 木造住宅
  • 枠組壁工法住宅

情報を集めよう

リフォームに役立つ情報が収集できるサイトをご紹介します。

  • リフォーム評価ナビ別ウィンドウで表示(住まいづくりナビセンター)
     各地域のリフォーム事業者探しに役立つ情報や、将来のリフォームのために参考になる情報など幅広い情報が掲載されています。
  • リフォネット別ウィンドウで表示((財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター)
     安心してリフォームを実施するために必要な情報が提供されています。
  • 住宅リフォーム推進協議会別ウィンドウで表示
     リフォームに役立つさまざまな出版物の紹介をはじめ、役立つ情報が提供されています。
  • マンションリフォーム推進協議会別ウィンドウで表示
     マンションの共用部分リフォーム・専用部分リフォームに役立つ情報が提供されています。

図面・記録をしっかり残しましょう

リフォーム工事を行うにあたっては、保管されている新築時の図面をもとに計画を立てることが必要ですが、一般的にそのような図面・各種記録(住宅履歴)はどの程度保管されているのでしょうか?

現在お住まいの住宅について住宅履歴の保管状況等についてアンケート調査を行った結果を参考までにご紹介します。新築時のみならず修繕・リフォーム工事の図面・見積書や各種点検を行った際の点検記録についても、「住まいのカルテ」としてしっかり保管しておきましょう。それが、次のリフォーム工事を成功させるためのポイントです。

住んでいる住宅の仕様を確認したい。

リフォーム工事を行うにあたっては、過去に建設された住宅の壁の内部はどうなっているのか?どんな材料が使われていたのか?床下・天井裏は?そのような情報がわかると、リフォームの計画も立てやすくなります。

でも、実際には壁の内部は見えないし、昔の設計図面・仕様書なども残っていない・・・・ということが多いかと思います。

過去に建てられた木造住宅・枠組壁工法住宅の仕様はどうなっているかについて、建設当時に発行されていた工事仕様書(旧住宅金融公庫監修、発行:(財)住宅金融普及協会)掲載仕様と比較しつつ、その写真を年代別に整理しましたので、リフォーム検討の際の参考としてご活用下さい。

木造住宅(在来軸組工法)の内部は?

既存住宅の仕様について調査を行った際の写真を建設年代別に、整理しています。

枠組壁工法住宅の内部は?

既存住宅の仕様について調査を行った際の写真を建設年代別に、整理しています。

お借入れをお考えのお客さまに戻る

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。