[本文へジャンプ]

住宅金融支援機構が行う財形住宅融資制度とは、どのような制度ですか。

Q&A番号:34991

住宅金融支援機構が行う財形住宅融資制度は、給与天引による財形貯蓄(一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄)を1年以上続け、申込日前2年以内に財形貯蓄の預入れを行い、かつ、申込日における貯蓄残高が50万円以上ある勤労者に対して、持家(新築、中古)取得またはリフォームのための資金を直接融資する制度です。
この制度は、昭和52年度から開始されたもので、財形貯蓄による集積資金を原資として、住宅金融支援機構が財形貯蓄取扱機関に対する財形住宅債券の発行及び借入れによって資金調達し、勤労者に直接融資する還元融資制度です。

このよくある質問は、役に立ちましたか?