[本文へジャンプ]

【フラット35(保証型)】は、金融機関が提供する住宅ローンをお客さまが返済できなくなった場合に、住宅金融支援機構が金融機関に対して保険金を支払う住宅融資保険(保証型用)の仕組みを活用して金融機関が提供する全期間固定金利の住宅ローンです。

(注)Sマークは【フラット35】Sがご利用いただけることを表しています。

【フラット35(保証型)】

フラット35サイト 【フラット35(保証型)】のご案内

ご利用条件、取扱金融機関やお申込みの流れなどの詳細はフラット35サイトでご確認ください。

【フラット35(保証型)】のしくみ

【フラット35(保証型)】は、【フラット35】と同様、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。

主に短期資金で資金調達を行う銀行などの民間金融機関は、全期間固定金利の住宅ローンを取り扱うことが難しいとされています。

住宅金融支援機構は、金融機関が提供する住宅ローン(【フラット35(保証型)】)について、お客さまが返済できなくなった場合に金融機関に対して保険金を支払う住宅融資保険(保証型用)を引き受け、また、【フラット35(保証型)】(その信託の受益権を含む。)を担保として発行される債券等に係る債務の支払いの保証を行うことで、金融機関が全期間固定金利の住宅ローンを提供する仕組みを支えています。

※民間金融機関の全期間固定金利住宅ローンの提供を支援する仕組みとして、住宅金融支援機構が民間金融機関から住宅ローン(【フラット35】)を買い取る仕組みもあります。

【フラット35(保証型)】のしくみ