[本文へジャンプ]

管理組合が実施する共用部分のリフォーム工事や耐震改修工事などの工事費用が対象となる融資です。
また、その工事を実施する際に組合員(区分所有者)が負担する一時金への融資も可能です。

※マンションの「戸数」や「規模」を問いません。


最新の金利はこちらをご覧ください。

金利情報へ

マンション共用部分リフォーム融資の特徴(管理組合申込みの場合)

【特徴①】全期間固定金利

借入申込時点で返済額が確定しますので、返済計画が立てやすく、管理組合の合意形成がしやすくなります。

【特徴②】法人格の有無を問いません。

法人格の有無を問わずお申込みいただけます。

【特徴③】担保は不要です。

【特徴④】耐震改修工事を行うことにより、金利を一定程度※1引き下げます。

機構の定める耐震改修工事※2を行う場合に対象となります。

【特徴⑤】マンションすまい・る債※3の積立てにより、金利を年0.2%引き下げます。

借入申込時点でマンションすまい・る債を積み立てている場合は、通常の融資金利から年0.2%引き下げます。

マンション共用部分リフォーム融資の特徴(区分所有者申込みの場合)

【特徴①】全期間固定金利

借入申込時点で返済額が確定しますので、返済計画が立てやすくなります。

【特徴②】修繕に係る工事費用の80%まで融資

修繕にかかる工事費用(耐震改修工事であれば最大1,000万円)の80%が融資対象となります。

【特徴③】耐震改修工事を行うことにより、金利を一定程度※1引き下げます。

機構の定める耐震改修工事※2を行う場合に対象となります。

  1. ※1 金利の引下げ幅につきましては、毎月見直します。
  2. ※2 機構が定める耐震評価基準に基づくもののほか、建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年法律第123号)に定める計画の認定を受け耐震改修を行うものなどが対象になります。
  3. ※3 マンションすまい・る債は、修繕積立金の積立てをサポートするために機構が発行しているマンション管理組合向けの債券です。

こんな方に向いています!

  • 固定金利で安定した返済を望まれる方分譲
  • 分譲マンションの共用部分のリフォーム工事を検討している方
  • マンションすまい・る債をご利用の方

ご利用条件

お申込みいただける方、対象となる住宅等、ご利用条件の詳細をご確認いただけます。

手続の流れ・お申込先

お申込みから資金の受取りまでの手続の流れと申込先をご確認いただけます。

申込時提出書類

お申込みの際にご提出いただだく書類の一覧をご確認いただけます。

※ マンション共用部分リフォーム融資には、技術基準や物件検査はありません。工事完了後に、必要書類(工事完了時の提出書類)を機構本支店へご提出ください。必要書類についてはこちらの10ページをご覧ください。

ご相談窓口

ご相談窓口はエリアによって異なります。詳しい内容は、こちらをご覧ください。

関連融資・金融商品

<東日本大震災で共用部分を被災された管理組合の皆さまが補修される場合>
災害復興住宅融資(マンション共用部分補修(管理組合申込み))【東日本大震災】

<東日本大震災で宅地を被災された管理組合の皆さまが補修される場合>
災害復興宅地融資(管理組合申込み)【東日本大震災】

<東日本大震災以外で、共用部分を被災された管理組合の皆さまが補修される場合>
災害復興住宅融資(マンション共用部分補修(管理組合申込み))

理事長から感謝状を贈呈した団地のご紹介

感謝状の贈呈は、良好な住環境の整備に寄与した団体などに対し住宅金融支援機構理事長から機構としての謝意・敬意を表すとともに、良質な住宅供給およびまちづくりの啓発を促進することを目的として実施するものです。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。