ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

住宅金融支援機構について

印刷用ページ

機構ホーム > 住宅金融支援機構について > 機構について > 機構の概要

ページ本文

機構の概要

2016年8月3日現在

住宅金融支援機構の取組(表紙)
住宅金融支援機構は、さまざまな金融サービスを通じて
皆さまの住生活の向上に貢献します


詳しくはこちらディスクロージャー誌ダイジェスト版 -住宅金融支援機構の取組ーPDFファイル[12ページ:1,731KB]
設立 平成19年4月1日
目的 一般の金融機関による住宅の建設等に必要な資金の融通を支援するための貸付債権の譲受け等の業務を行うとともに、一般の金融機関による融通を補完するための災害復興建築物の建設等に必要な資金の貸付けの業務を行うことにより、住宅の建設等に必要な資金の円滑かつ効率的な融通を図り、もって国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与します。
資本金 7,117億3,529万円(平成27年度末現在、全額政府出資)
役職員数 915人(平成28年4月1日現在)
業務 証券化支援業務、住宅融資保険業務、融資業務など
店舗 本店 : 〒112-8570 東京都文京区後楽1-4-10
支店 : 全国の主要都市に8店舗
買取債権等残高 24兆9,585億円(平成27年3月31日現在)
(うち買取債権:11兆6,394億円、うち貸付金:13兆2,404億円)

機構についてに戻る

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。