ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

東日本大震災関連情報

印刷用ページ

機構ホーム > 東日本大震災関連情報 > 平成23年度第3次補正予算案について

ページ本文

平成23年度第3次補正予算案について

2011年10月21日現在

平成23年度第3次補正予算案が、本日(平成23年10月21日)閣議決定され、国土交通省ホームページに以下のとおり、掲載されております。
詳細につきましては、決定次第、速やかに公表させていただきます。

(参考)平成23年度国土交通省関係第3次補正予算の概要より抜粋

Ⅱ 復興 
 1.被災者の住宅の確保等 
 (1)災害復興住宅融資 国費135,800百万円    
 住宅金融支援機構が行う災害復興住宅融資(2.5万戸)において 融資金利の引下げ(当初5年間は0%等)等を継続。  
 (2)既往貸付者に係る返済方法の変更 国費14,900百万円
  住宅金融支援機構の既往貸付者に係る返済期間等の延長及び 払込猶予期間中の金利引下げ措置を継続等。  
 (6)フラット35Sによる住宅の省エネ化の推進 国費15,900百万円
  住宅金融支援機構のフラット35Sについて、省エネ住宅に対する 当初5年間の金利引下げ幅の拡大措置(被災地は△1.0%、被災地以外は△0.7%) を実施。[別紙参照]
[別紙]

別紙

東日本大震災関連情報に戻る