ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

トピックス

印刷用ページ

機構ホーム > トピックス > 平成26年度 > 平成26年7月29日(火)より【フラット35(買取型)】や機構(旧公庫)融資の一部繰上返済がインターネットで10万円以上から可能になります

ページ本文

平成26年7月29日(火)より【フラット35(買取型)】や機構(旧公庫)融資の一部繰上返済がインターネットで10万円以上から可能になります

2014年7月10日現在

 住宅ローンご返済中のお客さま向けインターネットサービス「住・My Note」のサービス拡充について、取扱開始日が平成26年7月29日(火)に決定しました。
次の3つのサービスを拡充します。
・金融機関へご来店等いただくことなく、「住・My Note」で一部繰上返済のお申込みができるようになります。
・これまで一部繰上返済は100万円以上から可能でしたが、「住・My Note」で一部繰上返済をお申込みの場合、10
 万円以上から可能となります。
・「住・My Note」で一部繰上返済をお申込みの場合、手数料は無料です。

<一部繰上返済金額及び手数料>

(※1)毎月のご返済額を減らすのではなく、返済期間を短くする方法(期間短縮)で行う場合は、1か月分以
    上の元金(ボーナス払いをご利用の場合は、ボーナス払いの分を含めた6か月単位の元金)が必要にな
    ります。
(※2)機構(旧公庫)融資の繰上返済手数料については、繰上返済の方法によって、次のとおり額が異なりま
    す。
    また、ご契約の時期、ご融資の種類等によって異なる場合があり、今後、改定する場合がございます。
    詳しくは、ご返済中の金融機関へご確認いただきますようお願いします。
     3,150円(税込み):月々のご返済額を変えず、繰上返済額に応じて返済期間を短縮する場合
    (複数金利債権については、そのすべての金利口について返済期間を短縮する場合)
     5,250円(税込み):上記以外の場合
<ご注意点>
・一部繰上返済のお申込みができる期限は、表のとおりです。なお、繰り上げて返済できる日は、毎月のご返済
 日です。
・一部繰上返済は、2か月以上連続して申し込むことはできません(最短でも1か月おきのお申込みになります
 。)。
・一部繰上返済の取下げができる期限は、表のとおりです。なお、取下期限後の一部繰上返済の取下げはできま
 せん。
・高齢者返済特例制度(死亡時一括返済)をご利用のお客さまは、住・My Noteによるお申込みはできません。
・【フラット35(保証型)】をご返済中のお客さまは申し訳ございませんが「住・My Note」をご利用いただ
 くことはできません。

表2

「住・My Note」(ご返済中のお客さま向けインターネットサービス)とは

【フラット35(買取型)】や機構(旧公庫)融資をお借入されたお客さまが、インターネットで、住宅ローンのお借入金残高の照会や繰上返済のシミュレーションなどができるサービスです。

<現状の4つのサービス>
1.契約情報の照会
ご返済中の住宅ローンのご契約情報(お借入金額、ご返済日、毎月のご返済金額など)をご確認いただけます。

2.借入金残高の照会
ご返済中の住宅ローンのお借入金残高をご確認いただけます。

3.繰上返済シミュレーション
ご返済中の住宅ローンの繰上返済シミュレーションができます。

4.書類の発行依頼
住宅ローン控除用の融資額残高証明書、現在の残高証明書、返済計画表(償還予定表)について、書類の発行依頼ができます。

※上記の1~3のご利用には、「お客様ID」のお申込みが必要となります。

平成26年度に戻る