ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

トピックス

印刷用ページ

機構ホーム > トピックス > 平成26年度 > マンションすまい・る債積立組合に対するマンション共用部分リフォーム融資金利の引下げのお知らせ

ページ本文

マンションすまい・る債積立組合に対するマンション共用部分リフォーム融資金利の引下げのお知らせ

2014年12月1日現在

制度の趣旨

 マンションすまい・る債は、マンション管理組合が行う修繕積立金の計画的な積立てや、積立金の適切な管理をサポートするために、住宅金融支援機構が国の認可を受けて発行している債券です。

 より計画的な積立てが行われるように、マンションすまい・る債を積み立てていただいている管理組合が、機構のマンション共用部分リフォーム融資を利用される場合に、融資金利を引き下げることといたします。

制度の内容

 マンションすまい・る債を積み立てていただいている管理組合向けの融資金利は、通常のマンション共用部分リフォーム融資の金利から年0.20%引き下げた金利となります。

 耐震改修工事を行う場合は、融資金利を年0.20%引き下げる措置を行っておりますので、マンションすまい・る債積立組合が耐震改修工事を行う際には、さらに、年0.20%引き下げた金利となります。

(参考)平成26年12月と同じ金利水準の場合

リフォーム融資の種類 マンション共用部分リフォーム融資の融資金利 マンションすまい・る債を積立ていただいている場合の融資金利
通常のマンション共用部分リフォーム
年1.24%
年1.04%
耐震改修を含むマンション共用部分リフォーム
年1.04%
年0.84%
※融資金利は全期間固定金利で、借入申込時の金利が適用されます。
 (融資金利は毎月見直します。最新の金利は、機構ホームページでご確認ください。)

制度の実施日

 平成27年1月以降のマンション共用部分リフォーム融資申込受理分から適用します。

※上記以外の要件等につきましては、改めてホームページ等でお知らせします。

平成26年度に戻る