ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

トピックス

印刷用ページ

機構ホーム > トピックス > 平成29年度 > 事務委託先であるGMOペイメントゲートウェイ株式会社のシステムへの不正アクセス及び個人情報流出について<続報3>「現在の対応状況及び不正取得された件数について」

ページ本文

事務委託先であるGMOペイメントゲートウェイ株式会社のシステムへの不正アクセス及び個人情報流出について<続報3>
「現在の対応状況及び不正取得された件数について」

2017年4月19日現在

事務委託先であるGMOペイメントゲートウェイ株式会社のシステムへの不正アクセス及び個人情報流出については、お客さまに多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

1 現在の対応状況について

対象となるお客さまへは、本件についてのお詫び、今後の特約料のお支払方法等に関するご案内を4月12日(水)までに郵送させていただきました。
下記の特設ダイヤルで本件に関するご照会、ご相談を承っておりますので、ご不明な点等ございましたら、大変お手数ではございますが、ご連絡いただきますようお願いいたします。

2 不正取得された件数について

セキュリティ専門会社及びGMOペイメントゲートウェイ株式会社による調査を実施しました。
不正取得されたクレジットカード情報の件数は、重複した情報などを除いた結果、下表のとおり確定いたしました※1
なお、現時点では不正に取得されたクレジットカード情報の不正利用は確認されておりません。

代替テキスト

※1 上表の件数は不正取得された情報ごとの件数であり、合計が不正取得された情報の総数 となるものではありません
   (不正取得されたカード情報の総数は40,872件となります。)。  
※2 平成29年3月9日までにインターネットサイトからカード払いの登録を行われたお客さ まのみが対象となります。「機構団
  信特約料クレジットカード払い申請書」によりカード払い の申込みを行い、登録が行われたお客さまにつきましては、セキュ
  リティコード及びメール アドレスはいただいていないため、当該情報は不正取得されておりません。
調査結果につきましては、GMOペイメントゲートウェイ株式会社のホームページにも公表されております。

本件に関するお問合せ先

これまでのお知らせに関しましては、こちらをご覧ください

平成29年度に戻る