[本文へジャンプ]

公開日:2016年12月27日

住宅の耐震改修工事にあたり、住宅金融支援機構の技術基準等についてご紹介します。

耐震改修工事の技術基準の概要

次のいずれかのタイプに適合することが必要です。

1.耐震改修

都道府県や市区町村の認定を受けた耐震改修計画にしたがって行う工事

※  「建築物の耐震改修の促進に関する法律」(平成7年法律123号)に基づく耐震改修工事です。
※  認定基準などについては、お住まいの都道府県または市区町村の担当課にお問い合わせください。

手続き



※  「認定通知書」は、都道府県または市区町村に申請し、適合証明申請時までに交付を受けてください。
※  適合証明の申請先は、認定通知書の発行先(都道府県または市区町村)ではなく検査機関または適合証明技術者になります。

※「建築物の耐震改修の促進に関する法律」の「認定通知書」の発行手続及び認定基準については、お住まいの都道府県または市町村の担当課にお問合せください。

2.耐震補強

お住まいの住宅が、次の耐震改修工事(耐震補強)の要件に該当する必要があります。

耐震改修工事(耐震補強)の要件(木造一戸建て住宅)[1ページ:185KB]

(注意)機構が定める耐震評価基準は、平成30年4月1日以降、耐震補強工事に関する基準の一覧から削除されます。ただし、経過措置として、平成30年9月30日までの間に適合証明書を交付するものまでは当該基準をご利用いただけます。平成30年10月1日以降に適合証明書を交付するものには当該基準をご利用いただくことはできませんのでご注意ください。

■ 詳細基準

住宅技術基準規程[9ページ:115KB]

住宅技術基準実施細則[114ページ:1.1MB]

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。