[本文へジャンプ]

 平成30年7月豪雨により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
 住宅金融支援機構では、被災住宅を復旧するための融資を取り扱っております。 被災された皆さまのお役に立てるよう努めて参りますと共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例・倉敷市補助型)について

災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例・倉敷市補助型)は、平成30年7月豪雨により倉敷市内で居住していた住宅に被害が生じ、倉敷市内でご自分が居住するための住宅の建設、購入又は補修を行う満60歳以上の方に対する融資です。

※倉敷市が住宅金融支援機構に対して補助金を交付することを前提に、融資額1,000万円までの融資金利を一般の災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例)の融資金利の2分の1(小数点第3位を切上げ)とするものです。

融資の概要等について

災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例)のご案内(パンフレット)2192KB]

災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例・倉敷市補助型)の特有事項140KB]
 

災害復興住宅融資(高齢者向け返済特例・倉敷市補助型)のご案内(簡易版・リーフレット)226KB]

申込受付期間

 2019年4月1日から2020年3月31日まで

相談窓口

■住宅金融支援機構 お客さまコールセンター(災害専用ダイヤル)
  0120-086-353(通話無料)

  ※ 営業時間:9:00~17:00(祝日・年末年始を除き、土日も営業しています。)
  ※ ご利用いただけない(海外からの国際電話など)場合は、048-615-0420(通話料金がかかります。)
   におかけください。

■現地相談会
 倉敷市真備町で現地相談会を開催しています。

申込先

 郵送により承ります。

 
 ■住宅金融支援機構郵送申込係

  〒112-8570
  東京都文京区後楽1丁目4番10号
  住宅金融支援機構本店 郵送申込係
  電話:03-5800-8170

【留意事項】
 本融資は、借入申込前に、申込人(連帯債務者を含みます。)全員に機構によるカウンセリング相談を必ずお受けいただきます。
 カウンセリング相談をご希望の方は、機構お客さまコールセンター(災害専用ダイヤル)にご連絡ください。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。