FAQ

よくある質問

お客さまからお寄せいただいた質問およびその回答を掲載しています。

【リ・バース60】は、住宅金融支援機構(以下「機構」といいます。)と提携している金融機関が提供(融資)する商品であり、金融機関ごとに独自に要件を設定している場合がありますので、詳しくは【リ・バース60】取扱金融機関にご確認いただきますようお願いいたします。

商品概要

  • 問1. 【リ・バース60】とリバースモーゲージの違いは何ですか?

    一般的なリバースモーゲージは、資金使途に制限がなく、生活資金などにも利用できますが、【リ・バース60】は住宅ローンですので、住宅に関連する使途のみにご利用が可能です。
    なお、リバースモーゲージと【リ・バース60】は、自宅を担保にしてお借入れをするという点においては同じです。

  • 問2. いくらまで借りることができますか?

    担保評価額(住宅および土地)の50%または60%です(※)。
    ただし、8,000万円以下で、所要資金以内とします。
    担保評価額によっては、自己資金が必要になる場合があります。
    ※担保とする住宅(セカンドハウスを含みます。)が長期優良住宅の場合で、お客さまの年齢が満60歳以上のときは「担保評価額の55%または65%」となります。
    また、お客さまの年齢が満50歳以上満60歳未満の場合は、一律「担保評価額の30%」となります。

  • 問3. 担保物件(住宅および土地)の売却代金で返済した後に債務が残った場合は、どうなりますか?

    【リ・バース60】を利用していたお客さまが亡くなられた場合で、担保物件(住宅および土地)の売却代金でご返済した後に債務が残ったときは、次のうちいずれかの取扱いとなります。
    ノンリコース型:相続人の方が残った債務を返済する必要がありません。
    リコース型:相続人の方が残った債務を返済する必要があります。
    なお、ノンリコース型およびリコース型の取扱いは金融機関によって異なります。
    詳しくは金融機関にご確認ください。

  • 問4. どこで申込みできますか?

    【リ・バース60】は、民間金融機関が提供する住宅ローンのため、お申込みは取扱金融機関で行ってください。

  • 問5. 機構はどのような立場ですか?

    機構は、金融機関との間で、金融機関が融資した住宅ローンの返済が滞った場合に金融機関に保険金を支払う「住宅融資保険契約」を締結しており、当該契約の「保険者」の立場となります。
    住宅融資保険は、金融機関の住宅ローンの損害を補填するものであり、住宅ローンを利用されるお客さまとの保証委託契約に基づく保証とは異なるため、お客さまと機構との間に直接の契約関係は原則として生じません。
    ご融資後、お客さまが亡くなられた場合で、相続人の方が直ちに残った債務を一括で返済できないときは、機構は住宅融資保険契約に基づき残元金相当額を保険金として金融機関に支払い、担保物件(住宅および土地)の売却により、支払った保険金相当額の回収を行います(機構が金融機関に保険金を支払った後は、お客さまと機構との間に契約関係が生じます。)。

  • 問6. 【フラット35】とは申込要件が異なりますか?

    申込要件は【フラット35】とは異なります。また、金融機関によって商品性が異なりますので、詳しくは金融機関にお問合せください。

  • 問7. 金利は何%ですか?

    金利は、金融機関によって異なりますので、金融機関にご確認ください。

  • 問8. 「【リ・バース60】の返済期間と一般の住宅ローン(元利均等返済)の返済期間が同じ場合は、金利が同じでも【リ・バース60】の方が総返済額(元金+利息)が多くなる」とはどういうことですか?

    一般の住宅ローンは、元金を分割でご返済いただくため、毎月元金が減少し、それに応じて利息の支払額が毎月減っていきます。一方、【リ・バース60】は、毎月のお支払は利息のみで、元金はお客さまが亡くなられた後に一括でご返済いただくことになるため、ご存命中に元金は減少しません。
    このため、一般の住宅ローンと【リ・バース60】の返済期間(※)および金利が同じ場合の総返済額(元金+利息の合計額)は、【リ・バース60】の方が多くなります。
    ※【リ・バース60】の場合の返済期間は、お客さまが亡くなられたときまでとなります。

お申込みの条件や商品の詳細など詳しくは取扱金融機関にお問合せください。