[本文へジャンプ]

新機構団体信用生命保険制度とは

団体信用生命保険は、ご加入者が死亡・所定の身体障害状態になられた場合など※1に、住宅の持分、返済割合などにかかわらず、以後の機構に対する債務のご返済が不要となる生命保険です。住宅金融支援機構が保険契約者・保険金受取人、団体信用生命保険のご加入者が被保険者となり、支払われた保険金※2 が債務に充当される仕組みです。団体信用生命保険には、以下のとおり「新機構団信」と「新3大疾病付機構団信」の2つがあります。

※1 新3大疾病付機構団信は、死亡・所定の身体障害状態に加えて、3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)が原因で一定の要件に該当した場合および公的介護保険制度に定める要介護2から要介護5までの状態などになられた場合も残りの返済が不要となります。
※2 死亡保険金、身体障害保険金、3大疾病保険金および介護保険金をいいます。

所定の状態に該当した場合

新団信のプラン

※3 「デュエット」は、新機構団信における連帯債務のご夫婦向けのプランです。ご夫婦のどちらかに万一のこと(死亡・所定の身体障害状態)があった場合に住宅の持ち分や返済割合にかかわらず、以後の機構に対する債務のご返済が不要になります。
※4 新3大疾病付機構団信は、「デュエット」のご利用はできません。

新機構団信の加入要件や保障内容の概要等をご確認いただけます。

新3大疾病付機構団信の加入要件や保障内容の概要等をご確認いただけます。

ご加入のお手続をしていただく際のご注意点等をご確認いただけます。

ご加入中の方が所定の支払事由に該当された場合の債務弁済(保険金請求)手続について、ご確認いただけます。

新機構団体信用生命保険制度の概要

お客さまからのお問合せ

機構団信に関するお問合せ

機構団信に関するお問合せはこちらをご確認ください

幹事生命保険会社

告知書の記載に関するお問合せ

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。