[本文へジャンプ]

【リ・バース60】の特徴

【リ・バース60】は、満60歳以上のお客さま(※1)向けの住宅ローンです。
毎月のお支払いは利息のみで(※2)、元金は、お客さまがお亡くなりになられた時に、住宅およびその敷地の売却などにより一括してご返済いただく商品です。

【リ・バース60】の特徴

(※1)満50歳以上満60歳未満のお客さまも利用できます。この場合は、融資額の取扱いが異なりますので、ご利用条件をご確認ください。

(※2)毎月利払方式(毎月利息を支払う返済方法)の場合

【リ・バース60】の返済方法(イメージ)

【リ・バース60】の仕組み

取扱金融機関は、住宅取得等の際に資金を必要とする満60歳以上(※1)の方に対し、毎月のお支払いは利息のみで(※2)、元金はお客さまがお亡くなりになられた時に住宅およびその敷地の売却などにより一括してご返済いただくことを内容とした住宅ローン(リバースモーゲージ型住宅ローン)を融資します。

ご融資後、お客さまがお亡くなりになられた場合で、相続人の方が直ちに残債務を一括で返済できないときは、住宅金融支援機構は、あらかじめ取扱金融機関と住宅金融支援機構との間で締結した住宅融資保険契約に基づき、取扱金融機関に残元金の全額を保険金としてお支払いし、保険金支払い後は住宅および敷地の売却などにより回収を行います。

なお、住宅融資保険は、取扱金融機関の住宅ローンの損害を補填するためのものであり、住宅ローンを利用されるお客さまとの保証委託契約に基づく保証とは異なるため、お客さまと住宅金融支援機構との間に直接の契約関係は原則として生じません。

【リ・バース60】の仕組み(イメージ)

(※1)満50歳以上満60歳未満のお客さまも利用できます。この場合は、融資額の取扱いが異なりますので、ご利用条件をご確認ください。

(※2)毎月利払方式(毎月利息を支払う返済方法)の場合

こんな方に向いています!

  • 古くなった自宅をリフォームしたい。
  • 手すりの設置、段差の解消など、住宅をバリアフリー化したい。
  • 子供が独立し、広い住宅が不要となったので、住宅を減築したい。
  • 子世帯の子育て支援のために、近所に住み替えたい。
  • 買い物や通院に便利な街中に住み替えたい。
  • 年金収入のみとなったため、毎月の住宅ローンの支払額を減らしたい。
  • 将来への備えとして、手持資金は多く残した上で、新たな住宅を取得したい。

【リ・バース60】の申込事例

【事例1】子世帯と近居するための住み替え資金

60代女性のAさんは、郊外に自宅を所有しているが、孫の面倒がみられて利便性も高いことから、息子夫婦が住む市内中心部の新築マンションの購入を検討していた。預貯金はあるが、現金一括で購入してしまうと預貯金がほとんどなくなってしまう。
年金生活に不安があるため、できるだけ手元に預貯金を残したいと考え、金融機関へ相談したところ、【リ・バース60】を提案され、新築マンションを購入した。

【事例2】老朽化した自宅のリフォーム資金

70代男性のBさんは、長年住み続けた自宅の設備が古くなり、使い勝手が悪くなってきたため、リフォームを検討していた。預貯金はあるが、収入は年金のみで、預貯金を使ってしまうと今後の年金生活に不安が残るため、リフォームを一時断念した。
金融機関に相談したところ、【リ・バース60】の存在を知り、設備の入替え、バリアフリー対策等、十分なリフォームを行うことができた。

【事例3】老朽化した自宅の建て替え

70代男性のCさん、60代女性のDさん夫婦は、長年住み続けた自宅の老朽化に伴い、建て替えを検討していた。年金収入のみでは住宅ローンの返済が不安で、一時諦めていたが、住宅事業者から「毎月の支払負担を抑えることができる」と【リ・バース60】を提案され、自宅の建て替えを行った。

【事例4】毎月の支払額を減らすための借換え

70代男性のEさんは、アルバイトで収入を得ていたが、住宅ローンの支払いが苦しくなっていた。それを知ったEさんの息子が金融機関に相談したところ、金融機関から毎月の支払負担を軽減できる【リ・バース60】を提案され、住宅ローンの借換えを行った。

ご案内リーフレット

【リ・バース60】のご案内PDF[956KB]
※商品の概要を記載しています。

ご利用条件

お申込みいただける方、対象となる住宅など、ご利用条件の詳細をご確認いただけます。

手続の流れ・お申込先

お申込みから資金のお受取りまでの手続の流れとお申込先をご確認いただけます。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。