[本文へジャンプ]

債券の買入れ(中途換金)

  • 積立ては、継続して10回行うことが可能ですが、共用部分の修繕工事費に充てる等の場合には、第1回の積立ての債券発行から1年以上経過すれば買入請求(中途換金の申出)ができます。

    ただし、以下の債券は買入請求できません。

    • 第2回から第10回までの積立てについて、発行から2か月以内の債券
    • 買入代金の支払日が満期償還月(発行から10年後の2月)となる債券     
  • 買入れには、当機構による審査および承認が必要です。審査の結果、買入れができない場合やご希望の月に買入れができない場合がありますので、ご了承ください。     
  • マンションの緊急の修繕工事など、やむを得ない事情により債券を換金する必要がある場合は、債券発行から1年以上経過していなくても買入れに応じることがあります。

手続の流れ

手続の流れ

STEP1 積み立てた債券の残高のご確認

 お手元にある最新の残高証明書をご覧いただくか、住宅債券専用ダイヤルにご照会いただき、積み立てた債券の残高の確認を行います。

住宅債券専用ダイヤル(マンションすまい・る債のお問合せ)はこちら
よくある質問「残高証明書を紛失した場合や臨時の発行を希望する場合」はこちら

STEP2 買入請求必要書類のご送付

 ご希望の買入額が決まりましたら、「債券買入請求書」に買入希望額(買入希望口数)や買入請求の理由などを記載した上で、「積立手帳」とともにみずほ銀行証券部にご送付ください。

 「債券買入請求書」と「積立手帳」が月の1日から15日までの間に送付(消印有効)され、かつ、同月20日(銀行休業日に当たる場合は前営業日)までにみずほ銀行証券部に到着し、内容に不備がなかったものは翌月10日頃のお支払となります。

 ご提出書類に不備があった場合は、お支払が遅延することがありますので、スケジュールには余裕を持ってお手続されることをお勧めします。

 積立手帳を万一紛失された場合には、再発行の申請が必要になります。詳しくはよくある質問「積立手帳を紛失した場合」をご覧ください。

債券買入請求書のダウンロードはこちら
よくある質問「積立手帳を紛失した場合」はこちら

ご注意

・債券買入請求書を上記リンク先からダウンロードいただけない場合は、住宅債券専用ダイヤルへご請求ください。

郵送料は積立組合のご負担となります。なお、買入請求必要書類のご送付に当たっては、簡易書留郵便など配達状況が確認できる方法により確実に送付していただくことをお勧めします。

・債券買入請求書の控えは大切に保管してください。

代表者等変更の都度、すみやかな変更の届出がない場合には、買入代金支払等に支障が生じます。総会等で代表者等変更の決議がなされ次第、すみやかに変更の届出をお願いします。

住宅債券専用ダイヤル(マンションすまい・る債のお問合せ)はこちら
代表者等変更手続はこちら

STEP3 書類の確認

 送付していただいた書類の内容の確認を機構住宅債券事務センターおよびみずほ銀行証券部で行います。書類の不備や記載事項に不明な点がある場合は、機構住宅債券事務センターまたはみずほ銀行証券部から積立組合にお問合せさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

STEP4 買入請求に係る意思確認

 理事長以外の会計担当役員等の方に対し、機構住宅債券事務センターからお電話にて買入請求の意思確認をさせていただきます。意思確認がとれ次第、買入請求の手続を進めさせていただきます。

ご注意

・会計担当役員等の方のご連絡先は、平日の日中に確実に連絡が取れる連絡先を債券買入請求書にご記入ください。
・月末までに買入請求の意思確認ができない場合は、翌月10日頃の買入代金の交付時期に買入代金及び経過利息をお支払できませんので、ご了承ください。

STEP5 買入計算書を送付

 買入請求から買入代金をお支払するまでの間に、買入額・経過利息額・元利金自動振込先口座などを記載した「買入計算書」をみずほ銀行証券部から積立組合の代表者の方のご自宅または積立組合が別途指定した管理会社に送らせていただきます。また、「STEP2」でご送付いただいた積立手帳も併せてご返送します。

STEP6 買入計算書の記載内容のご確認

 買入計算書が届きましたら、記載内容を確認し、ご不明な点があれば買入請求を行った月の月末までにみずほ銀行証券部にお問合せください。

みずほ銀行証券部のお問合せ先はこちら

STEP7 元利金自動振込先口座へ買入代金・経過利息の支払

 所定の期日に、みずほ銀行から元利金自動振込先口座に振込みにより買入代金及び経過利息をお支払します。 ※債券の満期日の属する月の前月に買入請求の手続をされた場合は、満期を迎える債券は買入れの対象から外れます(満期償還の対象となります。)。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe Acrobat Reader® が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。