ページトップ

[本文へジャンプ]

  • メニュー
  • お気に入りページ
  • よくある質問
フラット35サイトはこちら

個人のお客さま

印刷用ページ

機構ホーム > 個人のお客さま > お借入れをお考えのお客さま > 機構団体信用生命保険特約制度のご案内 > 機構団信特約制度のお手続・お申込みに関するご案内 > 特約料について

ページ本文

特約料について

特約料についての重要ポイント

特約料は、「機構団信(3大疾病付機構団信)による債務弁済充当契約」に基づきお支払いただくもので、一般の生命保険料とは異なります。

  • 特約料は、住宅金融支援機構とご加入者が締結する「機構団信による債務弁済充当契約」または「3大疾病付機構団信による債務弁済充当契約」に基づきお支払いただくものです。一般の生命保険料とは異なります。 
  • 特約料は、住宅ローン残高等と特約料率により算出した額になります。
  • 一部繰上返済や返済方法の変更を行った場合、ご返済に遅れがある場合等にはその内容を反映して次回の特約料を算出します。
  • 特約料率は、ご加入者の増減や年齢構成等により、将来変更する場合があります。

特約料は毎年お支払いただきます。

  • 1年目の特約料は、住宅ローンの資金受取日にお支払いただきます。
  • 2年目以降の特約料は口座振替または、クレジットカード払いによりお支払いただきます。
  • 特約料のお支払金額を事前にハガキでお知らせします。  
  • 特約料を機構の定める期限までにお支払いただけない場合は、脱退となります。
  • 一度脱退されますと再加入できません。

特約料は、年末調整や確定申告の所得控除(生命保険料控除)の対象になりません。

特約料の支払日・支払方法

1年目の特約料の支払

資金受取日(分割で資金を受け取られる場合は最終回資金受取日)にお支払いただきます。

2年目以降の特約料の支払

1.口座振替をご利用の場合

(1)ご申請の手続き  
 口座振替依頼書(取扱金融機関にご用意してあります。)を取扱金融機関に提出してください。
ご注意・毎年払いです。分割払い等の取扱いはありません。
・振替口座は住宅ローンの返済金の振替口座と同一です。
・2年目以降の特約料については、振替済通知書または領収書の発行はいたしません。
(2)支払期日・支払手続き等
支払期日(※1) 支払手続き等





銀行※
信用金庫
信用組合
労働金庫
信漁連
漁協
信農連
農協
資金受取日の属する月の毎年の応当月の26日
(非営業日の場合は翌営業日)
例:資金受取日が10月10日 の場合支払期日は毎年10月26日
支払期日の前営業日までに振替口座に支払金額をご用意ください。
「特約料振替のご案内」(はがき)を支払期日の前月下旬に郵送し、支払金額をお知らせします。

※ 口座振替によるお支払結果は通帳記帳等によりご確認ください。
 

記帳例:
キコウダンシントクヤクリョウ
MBSキコウダンシン
 

 

保険会社・モーゲージバンク等(※2) 資金受取日の属する月の毎年の応当月の12日
(非営業日の場合は翌営業日)
例:資金受取日が10月10日 の場合支払期日は毎年10月12日
(※1)取扱金融機関により支払期日が異なりますのでご注意ください。
(※2)楽天銀行及びSBIネット銀行については「銀行」ではなく「保険会社・モーゲージバンク等」欄をご覧ください。

2.クレジットカード払いをご利用の場合

(1)申込手続きについて
クレジットカード払いをご希望の場合は、Webによりお手続をお願いします。
  • クレジットカード払いを申込いただけるのは、住宅ローンの資金をお受け取りになった後になります。
  • お客さまから辞退の申出がない限り、クレジットカード払いが継続します。
  • 複数の住宅ローンを借入で特約料をお支払いただいている場合は、それぞれの特約料の支払についてクレジットカード払いを申込いただく必要があります。
ご注意
  • ご利用可能なお支払回数は、一括払い、2回払い、ボーナス一括払い又は分割払い(3回払い、6回払い、10回払い又は12回払い)のいずれかです。
  • ご利用になるカード会社によりご利用いただけないお支払回数があります。
  • お支払回数によっては、ご利用になるカード会社が定める手数料をお支払いただく必要があります。
  • ボーナス一括払いについては、カード会社が取扱期間を制限していること等によりご利用いただけない場合があります。
(2)申込期限について
原則、住宅ローンの資金受取月(※)の前月第5営業日です。
(※)資金受取月とは、住宅ローンの資金をお受け取りになった日の属する月の毎年の応当月をいいます。また、資金受取月は毎年の特約料口座振替月になります。
  • 特約料のクレジットカード払いを新規に申込いただく場合、次に到来する特約料の口座振替月の前月の申込期限までに、Web申込していただく必要があります。
  • お客さまにより申込期限が異なりますので、以下のお知らせハガキにて「加入月」もしくは「口座振替月」をご確認のうえ、次の申込期限までにWeb申込をしてください。

代替テキスト

ご注意申込期限を超過して申請された場合、直近のお支払はこれまでのお支払方法(口座振替等)となり、その翌年のお支払分からクレジットカードによるお支払となります。
ご注意~クレジットカード払いの申込は、書面による申込も可能です~
<書面による申込のお客さま>
  • 書面による申込の場合、申込期限は「資金受取月の前月第1営業日」となりますのでご注意ください。
  • 上記期限までに申込書が機構に到着している必要があります。(記載不備等がない場合に限ります。)
  • 申込書の郵送を希望される方は、お客さまコールセンター(団信カード払い専用ダイヤル)までご連絡ください。
    0120-0860-91【通話無料】営業時間9時~17時(土日、祝日、年末年始は休業)
 (3)クレジットカードによる支払手続き等
カード利用日※ カード利用代金の支払手続き等
資金受取日の属する月の毎年の応当月の翌月第6営業日

例:資金受取日が10月10日の場合、カード利用日は毎年11月第6営業日
お客さまがカード利用代金をカード会社に支払う日は、ご利用されるクレジットカードにより異なりますのでカード利用明細等によりご確認ください。
※カード利用日は、お客さまがカード利用代金をカード会社に支払う日とは異なります。また、「特約料のお支払のご案内」(はがき)を、資金受取日の属する月の前月下旬に郵送し、支払金額及びカード利用日をお知らせします。

特約料の返戻について

平成25年6月30日までの期間の取扱い

この期間中に住宅ローンを一部繰上返済される場合または住宅ローンの借換えや繰上完済等により機構団信特約制度から脱退される場合は、既にお支払いただいた特約料について返戻金はありません。
ただし、保障する期間が始まる前に繰上完済や任意脱退があり、または死亡もしくは所定の高度障害状態に該当した場合でも特約料の振替が行われてしまうことがありますが、この場合は後日特約料を返戻します。

平成25年7月1日以降の取扱い

住宅ローンを繰上完済される場合等、次の1から4までのいずれかの事由により機構団信特約制度から脱退される場合、お支払済みの特約料のうち、未経過の保障月数に相当するものとして機構が定める金額を返戻します。

1 住宅ローンを繰上完済した場合
2 死亡または所定の高度障害状態になられた場合など、団信弁済事由が発生した場合
3 お客さまからのお申出により機構団信特約制度を任意脱退された場合(デュエット(夫婦連生団信)を取りやめ、どちらかお一人での加入に変更される場合も含みます。)
4 債務から脱退され住宅ローン契約者でなくなった場合

※全額繰上償還請求を受けている場合など、上記事由に該当しても返戻できない場合があります。
※一部繰上返済や返済方法の変更の場合は、特約料の返戻は行いません。翌年分の特約料を算出する際に繰上返済や返済条件の変更の内容を反映します。
特約料支払額シミュレーション

機構団体信用生命保険特約制度のご案内に戻る

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。
最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。