[本文へジャンプ]

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型

地方公共団体においては、「子育て支援」「UIJターンによる移住・定着の促進」「コンパクトシティ形成」「空き家対策」といった施策の中で住宅取得等への独自の助成を実施しています。
住宅金融支援機構ではこうした地方公共団体と協定を締結し、地方公共団体による財政的支援とあわせて、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】子育て支援型・地域活性化型を平成29年4月に創設しました。平成30年4月からは、空き家対策についても同制度の対象としています。
267の地方公共団体(平成30年3月末現在)と協定を締結するなど、地域との連携に積極的に取り組んでおり、今後も地方公共団体の政策課題の解決に向けた取組を支援していきます。

住宅取得等への独自の助成

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型が利用できるかチェックしてみましょう!

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型